Bike Maintenance Training

ホーム > 学科紹介 > 二輪車整備実習
二輪車整備実習 二輪車整備を標準カリキュラムに取り入れた地域密着型実習

浜松ならではの、二輪車整備を取り入れた『二輪車整備実習』

“二輪のメッカ” である浜松は、二輪車整備士のニーズも高い地域です。
「二輪車整備の技術も持ってこそ、本当のエンジニア」と考えている本校では、そんな二輪車整備の技術習得にも多くの時間を注いでいます。
就職のための整備技術を身につけることはもちろん、愛車の整備など趣味にも役立ちます。

POINT

整備士として習得すべき二輪車のポイントをすべて網羅

エンジン動力伝達系では、シリンダやピストン、クランクシャフトなど、エンジンそのものについての構造やメカニズムについて学習します。
四輪車との違いを交えながらの内容となっているのも特徴です。

  • 二輪車のメカに触れる
    二輪車のメカに触れる
    二輪車の楽しさまで体感できるような内容を取り入れています。
  • エンジン電装や補器類を学ぶ
    エンジン電装や補器類を学ぶ
    エンジン電装系では、充電装置や発電装置、点火系統、スタータなどについて学びます。オルタネータやバッテリなどの電気系統に関わるすべての機器についての構造とメカニズムを知ることができるでしょう。エンジン補器類では、エアクリーナやキャブレータなどの燃料供給装置をはじめ、電子制御型の燃料供給装置までを含めた構造やメカニズムについて学んでいきます。
  • フレームやブレーキなどを学ぶ
    フレームやブレーキなどを学ぶ
    フレーム編では、エンジン以外の大部分である車体やステアリング、サスペンション、ブレーキ、ホイールなどについて学びます。それぞれの構造やメカニズムについての知識や技術を習得することが可能です。

体験実習で将来への扉を開く! 参加申込受付中 オープンキャンパス

PAGE TOP